アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
葬祭扶助の制度

金銭的に困難な生活保護者には、葬祭扶助という制度があります。
これは葬儀にかかる費用がない場合に、国が一部を負担するという内容で、受けられる条件としては、故人が生活保護者ということです。
そして、身内も経済的に苦しい立場の人たちならば受けられます。
身内がいない場合は、その地域の民選委員の人たちが申請できるようになっています。
これらは、申請者が住む地域にある福祉事務所で申請をすることができ、手続きを行った上で条件に満たしていれば受理されます。
そしてそのような事情に対応した、安い費用で葬儀を行う業者を探していきます。
無事にそれらを済ませた後は、業者が福祉事務所へ費用の請求をし、福祉事務所が葬祭扶助として費用を支払う流れになっています。
これらの葬祭扶助は、その地域の自治体によってその額が違ってきますので、できるだけ費用の安い業者を探していくことが大切です。
また、頂いた香典などでそれらの費用を賄うこともできます。

生活保護者が対象

これらに対応している業者では、できるだけ満足してもらえるサービスを行っています。
全体的に簡易的な内容とはなりますが、故人をしのぶことから丁寧に行われます。
まずこれらの内容には、通夜を行わないことが多く、お世話をしていくスタッフも少人数になります。
祭壇などは、自宅用などの小規模なものになり、生花もセットになっているところもありますが、ほとんどが自費で用意することになります。
そして、僧侶による読経がない場合もほとんどです。
各自で焼香をした後は、納棺から火葬場への移動を行ってくれます。
火葬後の遺骨を納める骨壺も用意されます。
また故人の死亡届などの各手続きを、代行で行うところもあります。
このようなサービス内容が主なところとなりますが、業者によっても違ってくるので、比較していくことも大切です。
生活保護者の葬儀でも、故人のために最低限のサービスや丁寧な対応を求めて探していきましょう。

オススメリンク

焼香する男性

扶助制度を利用

葬祭扶助制度を利用するためには、自治体の福祉事務所に申請書類を提出する必要があります。
よく、とりあえず遺族が葬儀費用の支払いを済ませてしまい、後から葬祭扶助の申請を行うというケースがあ…Read more

手を合わせる2人

費用を補助

生活保護を受給していた人が亡くなった場合、葬儀費用にあてられるような蓄えが何も残されていないというケースが少なくありません。
その人の身内が費用を捻出することができればよいのですが、身内…Read more

関連リンク